Life is a Beautiful Struggle

jentagawaの平凡な毎日。ウェブ、音楽、MIDIコンについて。

【まとめ】面白いキャンペーンページを探す

企画やページ構成の参考に、最近見た特設サイトのまとめです。


ken-love.jp

広瀬すずゴリ押し。タレントのイメージを最大限に活用。
よくある、3分でわかる、インタビューなど豊富なコンテンツがあります。中でも、「献血に誘ってみよう」が珍しい気がします。
単純に画像を選んでツイート・拡散してるだけなんですが、言い方次第で訪問者が主体的に行動している印象になる。



www.ichibanya.co.jp

スプーンのプレゼントといえばCoCo壱
景品にそんなにコストがかからなさそうだし、カレーのイメージに合致する。豊富な種類と希少感がヘビーユーザーを捉えそう。
同一ページに複数の景品案内で豪華。背景色をそれぞれ分けて見やすく。「その場で当たる!」という強いキーワードで最初に惹きつけてます。
抽選の景品は、応募方法などわかりづらいので、ページ下部にQ&Aと、電話での問い合わせ先を記載しています。


uncrate.com

アプリです。バッテリーが残り僅かな時にしか、使用できないチャット。バッテリー切れで脱落者続出(笑)。嫌なことを楽しくしてくれる仕組み。もっといろいろ考えれそうですね。



metro90daysfes.jp

史上最安の絶景ツアー、というキャッチーなフレーズ。東京メトロ沿線の観光地紹介。
観光のイメージが少ない、東京メトロの別の顔を楽しく紹介しています。ふつうにデートや散歩に使えそう。散歩好きにはたまらないです。
きれいな写真が豊富で、他のページも見たくなります。あと、珍しい縦書きテキストです。かっこいい。



karo-see.tokyo

残業夜景、日本の残業は美しい という皮肉たっぷりのタイトルにURL。夜景と撮影時間の時計が連動してる(笑)。




さて、時間といえば、
休日にまとめてやってた家事を毎日少しでもするため、1ヶ月ほどかけて、超朝型にシフトしてみました。

結果、休日の家事にとられる時間が少し減り、平日は、夜の集中力が持たないので、早く家に帰り、家族の時間ができました。
早朝に残業が回りましたが、夜やるよりは健康的な気がします。


時間に余裕がないのは変わらないので、次は、今の生活でやめられることを考えようと思います。