Life is a Beautiful Struggle

jentagawaの平凡な毎日。ウェブ、音楽、MIDIコンについて。

metoo運動について

明けましたおめでとうございます。

今年こそはブログを定期的に書きたい。
昨年末、職場のスタッフが増えたからか、インプットの時間が増えた。

インプットの時間が増えて嬉しいけど、ちゃんと身についているのかアウトプットを通して確認をしたい。

ということで、やっぱりブログは大事だね。

さて年末年始は、初オーガナイズするイベント(と言っても大した規模ではないが)のウェブサイトを作成しつつ、Netflixで、Dave Chappelleの新作を見ていた。

待ちに待ったDave Chappelleの新作。

のっけから、90年代ヒップホップを彷彿させるオープニングや、MosDefの楽曲を起用したり。

惚れる。

ネタバレになるけど、特に印象に残ったところの紹介。

It's terrible, I know, it's terrible. I'm sorry, ladies, you're right. You are right,
もちろん(セクハラが)酷いということは理解している。

But the minute they’re not scared anymore, it will get worse than it was before. Fear does not make lasting peace

ただ、(告発される)恐れがなくなった瞬間、今までにないくらい、酷い状況になる。
恐怖心は、長期的な平和をもたらさない。

The end of apartheid should have been a fucking bloodbath by any metric in human history and it wasn't. The only reason it wasn't was because Desmond Tutu and Mandela and all these guys figured out that if a system is corrupt, then the people who adhere to that system and are incentivized by that system are not criminals. They are victims,

アパルトヘイトの終焉は、血の海になる可能性が十分にあった。
そんな中、そうならなかったのは、Desmond TutuやMandelaが、あくまでシステムが悪であり、そのシステムに従っていた人らは、犯罪者ではないということを解いたからである。彼らも犠牲者であると。

metoo運動に対して、強いては、高橋まつりさん関連の働き方改革についての違和感を、まさに代弁してくれた。

セクハラした人や、ブラック企業を告発しつづけることは、それはそれで大事であるけど根本の解決にはならない。
(ぼくのだいっすきなコメディアンLouie CKも今大変なことになってるらしい(T ^ T))

制度を作ったり、変えないと意味がない。

結局、電通も電気消して仕事してたり、自宅に持ち帰ってたりと、変わってなさそうだし。

現状、労働時間に対して法的拘束力がない労働基準法を補完するため、長時間労働規制法案というのが、進行中らしい。

ネット上を見てると、施行は来年春以降とのことで、繁忙期を考慮して結局残業100時間の月を認めるケースもあるらしい。(こういうのは、どこを参照するのが一番最新で正確な情報なのだろうか。)