Life is a Beautiful Struggle

jentagawaの平凡な毎日。ウェブ、音楽、MIDIコンについて。

【書籍レビュー】コンテンツクリエイター側から見た、インターネット

ドワンゴKADOKAWA川上量生ジブリ鈴木敏夫にインターネットについて、分かりやすく説明をする話。
2015年発行と、少し前に書かれた本だけど、古い感じはしない。

カタカナばかりのインターネットビジネス楽観主義の書籍と違い、アニメなどのコンテンツを作ってる、クリエイター側から見た、インターネットの話で説得力がある。

参考になった箇所で、特におもしろかったところを抜粋。


コンテンツは無料になるのか

コンテンツを消費したりお金を払う人というのは、なにかしらそうせざるをえない自分の中での必然性があるのです。個人の生活リズムの中だったり、周囲の人たちとの社会的な付き合いのためだったり、潜在的なストレスや欲求の解消のためだったり、なんらかの必然性でもってコンテンツに依存するようになるのです。コンテンツを無料でもいいから配布することでプロモーションをするという戦略は、まずコンテンツへの依存をつくるという意味では正しいのです。

コンテンツには、過去の経験からうまれる相場感がないので、依存度で相場が決まるという話。依存させるきっかけとしての無償提供。


コンテンツとプラットフォーム

プラットフォームがコンテンツ側に要求するのは、自分たちだけをなにか特別扱いしてくれ、ということです。なにかおまけをつけるか、仕入れ価格を下げるか、先行発売などある程度のコンテンツの独占期間を与えるかなどです。強いコンテンツであれば大きな宣伝を要求できますし、弱いコンテンツはなにか特別な条件をプラットフォームに提示しないと相手にしてもらえません。

プラットフォーム側とコンテンツクリエイター側の折衝について。
プラットフォームを小売店、コンテンツクリエイターをメーカーとか、別の業種に置き換えができる気がする。この章では、プラットフォーム側の強さについて知れる。


コンテンツのプラットフォーム化

顧客との接点をプラットフォームに依存せずにコンテンツ側が持つ

HULUやNetflixなど海外プラットフォームが牛耳る中で、コンテンツクリエイターはどうするのか。このままではクリエイターが幸せにならない。
顧客との接点を自分達で持つためには、コミュニケーション能力が必須であり、その能力がないクリエイターもいるので代行としてプロデューサーなどがうまれる。

また、コミュニケーションをするために個人情報をいかに集められるかがポイントで、集められない場合は、巨大プラットフォームの支配下に入ることになる。

対して、プラットフォーム側は、定額サービスなどから得た売上で自分達自身でコンテンツを作りはじめる。


オープンからクローズドへ

消費者自身がクローズドで一貫したコンセプトでつくりこまれた製品を好む傾向にあるからです。

消費者は利便性から同一コンセプトの製品やプラットフォームに依存するようになる。さらに、依存しているプラットフォームに自分の情報が蓄積されるようになると、プラットフォームが行政の機能も担うようになるとのこと。

普段、Googleの規定やアルゴリズムに振り回されたり、必死になって対応したり。みんなGoogleのプラットフォームにめちゃくちゃ依存しており、Googleの公式アナウンスがまるで法律のような状態であることからも、実感できる。


電子書籍の未来

情報の爆発にともなう内容の低レベル化を考えると、無料ウェブ上で広がっているハイパーリンク網とは別に、有料の電子書籍間でのハイパーリンク網が、インターネットの新たな知のネットワークを構築する可能性があるんじゃないかと期待しているのです。

めちゃくちゃおもしろいと思った。情報の精度が高い、別のインターネットの存在。
まぁけど考えてみれば、wikipediaとかも自社サービス内でキーワードをリンクしてるし、実現レベルの高い話し。



以上が印象に残った箇所。

今回、特にコンテンツとプラットフォームに着目して抜粋しているが、その他にもUGCビットコインネット世論などについても言及している。

また、ネット原住民:現実社会に馴染めずインターネットを拠り所とする人、デジタルネイティブ:うまれたときからネットがある人、インターネットをツールとして使っている人、など様々なユーザーがいることも、インターネットビジネスを理解する上で、重要視している。

metoo運動について

明けましたおめでとうございます。

今年こそはブログを定期的に書きたい。
昨年末、職場のスタッフが増えたからか、インプットの時間が増えた。

インプットの時間が増えて嬉しいけど、ちゃんと身についているのかアウトプットを通して確認をしたい。

ということで、やっぱりブログは大事だね。

さて年末年始は、初オーガナイズするイベント(と言っても大した規模ではないが)のウェブサイトを作成しつつ、Netflixで、Dave Chappelleの新作を見ていた。

待ちに待ったDave Chappelleの新作。

のっけから、90年代ヒップホップを彷彿させるオープニングや、MosDefの楽曲を起用したり。

惚れる。

ネタバレになるけど、特に印象に残ったところの紹介。

It's terrible, I know, it's terrible. I'm sorry, ladies, you're right. You are right,
もちろん(セクハラが)酷いということは理解している。

But the minute they’re not scared anymore, it will get worse than it was before. Fear does not make lasting peace

ただ、(告発される)恐れがなくなった瞬間、今までにないくらい、酷い状況になる。
恐怖心は、長期的な平和をもたらさない。

The end of apartheid should have been a fucking bloodbath by any metric in human history and it wasn't. The only reason it wasn't was because Desmond Tutu and Mandela and all these guys figured out that if a system is corrupt, then the people who adhere to that system and are incentivized by that system are not criminals. They are victims,

アパルトヘイトの終焉は、血の海になる可能性が十分にあった。
そんな中、そうならなかったのは、Desmond TutuやMandelaが、あくまでシステムが悪であり、そのシステムに従っていた人らは、犯罪者ではないということを解いたからである。彼らも犠牲者であると。

metoo運動に対して、強いては、高橋まつりさん関連の働き方改革についての違和感を、まさに代弁してくれた。

セクハラした人や、ブラック企業を告発しつづけることは、それはそれで大事であるけど根本の解決にはならない。
(ぼくのだいっすきなコメディアンLouie CKも今大変なことになってるらしい(T ^ T))

制度を作ったり、変えないと意味がない。

結局、電通も電気消して仕事してたり、自宅に持ち帰ってたりと、変わってなさそうだし。

現状、労働時間に対して法的拘束力がない労働基準法を補完するため、長時間労働規制法案というのが、進行中らしい。

ネット上を見てると、施行は来年春以降とのことで、繁忙期を考慮して結局残業100時間の月を認めるケースもあるらしい。(こういうのは、どこを参照するのが一番最新で正確な情報なのだろうか。)

【まとめ】最近の気になったサイト。

企画やウェブ制作の参考に、ここ最近後で読むサービスに取り留めてたサイトのまとめ。

続きを読む

【映画レビュー】時間や宇宙に対する人間の無力感、Passengers (パッセンジャー)を見た。


片道120年の宇宙旅行、未だ嘗て不具合を起こしたことのなかった人工冬眠ポッドが何と故障!目的地まで残り90年を残して目が覚めてしまったクリス・パットとジェニファー・ローレンス

続きを読む

【映画、書籍レビュー】ただのクソポジティブ映画じゃない、Silver Lining Playbook / 世界にひとつのプレイブック

希望の光を意味するSilver lining。常にポジティブであることを意識し、ある一つのSilver liningを求める主人公が他の可能性にも気付く話。
ジェニファーロレンス目的で見始めたのですが、それよりもストーリーが最高でした!

続きを読む

【まとめ】ラクして英語を上達、おすすめ海外コメディドラマ一覧(難易度付き) 後篇

間が空いてしまいましたが、一つの記事でまとめられなかった海外コメディまとめ後篇です。

続きを読む

【まとめ】ラクして英語を上達、おすすめ海外コメディドラマ一覧(難易度付き) 前篇

日々の疲れや悩みを笑い飛ばせる、僕の精神的支柱になっているコメディドラマのまとめ。
シチュエーション・コメディ、いわゆるシットコムというジャンルのドラマをご紹介します。

続きを読む